活動内容

活動内容

その日のメンバーに応じて、グループ分け・部屋分けをし個別対応をする時間帯と、おやつ・グループ療育等集団対応をする時間帯に分け活動を行っています。

個別教育

一対一のマンツーマンで課題に取り組みながら、人と積極的に関わる楽しさや、人に向かう姿勢を育てます。これは、人とのやりとりや、グループ活動に参加するための基礎としてとても大切な力です。
そして、一緒に取り組むことの楽しさを感じながら、遊びやゲームの要素を取り入れたことばや、認知の力を育てる幅広い学習課題に取り組んでいきます。

他にも、手先の訓練、視覚と運動を育てる課題、ルールのある遊び、教科学習への基礎作りなど、お子さんのステップごとに、細やかで丁寧な支援を行います。

子どもたちは、個別療育で行う一人ひとりの発達段階や、得意・不得意にあわせた様々な課題によって達成感を味わいながら確かな自信をはぐくんでいきます。


グループ教育

子どもたちは友達と一緒に遊びながら、様々なことを学び力を身につけています。
4~5人のグループを作り、目的に合わせた課題や遊び、安心できる環境、専門スタッフのうながしや見守りを通して、友達への興味や関心をよりいっそう育てます。そして上手な友達づきあいの方法や集団生活のルールを楽しく学びます。

更には、創作・描画や、専門スタッフによる音楽療法を行っています。

子どもの気持ちに働きかけ、こころを育むために効果的な遊びは、音楽や創作・描画です。
子どもたちは安心して過ごせる場所で自分らしい音や踊りの表現を楽しみ、その表現を需要・共感される中で、自分に自信を持つようになります。そして 友達と一緒に演奏することを通して、協調性や自己コントロールを自然に育んでいきます。

また、創作や描画では、様々な素材に実際に触れて体験すること豊かな感性 や、表現力、触覚などの感覚を育てます。

楽しく充実した時間で、毎日の生活にやる気が湧き、
長所を伸ばしながら、苦手な事や初めての事に挑戦する意欲を育てます。
こうしてお子さんの成長をうながす土台作りをします。

私どもは、子どもたちの言葉に出来ない気持ちを代弁するとともに、保護者の皆様が安心して不安や悩みなどをお話でき、アフターフォローの行き届いた、きめ細やかなサービスを提供できる施設を目指します。

子どもたちや保護者の皆様を取り巻く関係機関との連携を図りながら、地域全体で支援することを目指します。




手作りおやつ

療育の一環として行う場合は、ホットケーキやクッキー等を、子どもたちと一緒に作ります。

行事

子どもたちが「また行きたい!」と思えるような環境作りを行います。
季節行事や誕生日会、音楽療法や個別療育等様々なプログラムを行っています。

PAGE TOP

訪問介護へ